法人・施設紹介

法人の沿革

  • 昭和29年 任意団体埼玉療育友の会 結成
  • 昭和32年3月 財団法人 埼玉療育友の会 設立
  • 昭和40年3月 社会福祉法人 埼玉療育友の会 設立認可

法人の所在地等

所在地
〒369-1204 埼玉県大里郡寄居町大字藤田179-1
理事長
杉田 勝彦
役員等
理事 6~8人 監事 2人 評議員 8~12人 顧問 1人

運営方針

  1. 法人の経営状況等について積極的に情報を開示し、経営の透明性に努め地域に開かれた運営を行います。
  2. 法人が運営する埼玉療育園(障害児入所施設・療養介護施設)、山鳩よりい及びはるな苑の適切な運営及び経営の安定に努めます。
  3. 提供する福祉サービスの向上を図るとともに多様化する地域福祉ニーズに応じた社会福祉事業を展開します。
  4. 法人が確保している人材や機能を市町村などに提供し、地域福祉の推進に寄与します。

施設利用者に対するサービスの充実

 利用者本位の支援を行うとともに利用者の生活の質を確保するため、個別支援計画の作成等を行い、サービスの質の向上に努めます。

地域福祉事業への取組

  1. 在宅障害児・者及び在宅高齢者への支援を図ります。
  2. 市町村等が行う発達発育相談等に理学療法士等を派遣し、施設の機能を地域に開放します。

人材の育成

  1. 職員の資質の向上のため、職員研修を推進し、職員のやる気を伸ばし職員が持っている能力を最大限発揮してよいサービスを提供します。
  2. 実務研修生を積極的に受け入れ専門職員育成の一翼を担います。

個人情報の保護

 個人情報の保護の重要性を認識し、業務の実施にあたっては、個人の権利・利益を侵害することのないよう、個人情報の取り扱いを適切に行います。

療育思想の普及

 「手足の不自由な子どもを育てる運動」に参加するなど、療育思想の普及のための広報活動を行います。

決算の状況

     ・平成26年度収支計算書 ・ H26年度貸借対照表   ・平成25年度決算書貸借対照表

 

 

 shisetsu01 障害児入所施設・療養介護施設 埼玉療育園

 昭和33年5月、肢体不自由のある児童に対して治療や自活に必要な知識技能を与えることを目的として「肢体不自由児施設埼玉療育園」を開設しました。

 平成22年4月、重度の知的障害及び重度の肢体不自由が重複している児童を入所させて、これを保護するとともに、治療及び日常生活の指導をすることを目的として「重症心身障害児施設埼玉療育園」を併設しました。

 平成24年4月、児童福祉法等の改正に伴い、主として18歳未満の肢体不自由児及び重症心身障害児が入所する児童福祉法の「障害児入所施設埼玉療育園」と18歳以上の重症心身障害者等が入所する障害者自立支援法の「療養介護施設埼玉療育園」に移行しました。


障害者支援施設 山鳩よりいshisetsu02

 昭和55年11月、常時の介護を必要とする身体障害者が入所し治療や療護などを受ける「身体障害者療護施設埼玉療護園」を開設しました。

 平成20年10月、障害者自立支援法の生活介護事業、施設入所支援事業及び短期入所事業を実施する障害者支援施設に移行し、名称も「山鳩よりい」に変更しました。


shisetsu03特別養護老人ホーム はるな苑

 平成19年4月、65歳以上の者であって身体上又は精神上著しい障害があるために常時介護を必要とし、かつ居宅においてこれを受けることが困難な者が利用する特別養護老人ホーム「はるな苑」を開設しました。 老人デイサービスセンターと老人短期入所施設を併設しています。